追憶

主に大会のレポートを書いていきます

神煌臨杯 九州・沖縄予選 結果レポート

閲覧頂きありがとうございます。
おとなしと申します。

今回は、3月24日(日)に開催されました神煌臨杯九州・沖縄予選に参加してきたので、そのレポートを書いていこうと思います。


余計な事は極力書かないようにしますので、しばしお付き合い下さい。


まずは使用デッキから
使用デッキタイプ:皇獣
f:id:otonasi1:20190329003008j:plain

それぞれの採用枚数と採用理由について書いていきます。
長いので名称は省略させていただきます。ご理解頂けると助かります。

ブレイド
言い方は悪いですが、上振れた方が有利になる環境なので上振れの最大値として取らせて頂きました。

・ヒヒ
採用しない択はないので3枚取った理由を。
皇獣はメイン創界神であるゼウスを引き込めないと大きなテンポロスに繋がります。
また、素引き以外で駿太や利家にアクセス出来る点も優秀なので今回は3枚取らせて頂きました。

・ウィゼル
メイン創界神であるゼウスを引き込むため。

・ヤシウム&レーディア
ヤシウムは制限なので割愛。
レーディアはヤシウムと合わせて墓地回収ループをする為に、1枚は確実に採用しなくてはいけないカードです。
また、このデッキはレーディアヤシウムループに、後述しますシェパードールを絡めた"厚い防御"をコンセプトにデッキ作りを進めていました。
早い段階でこのループを成立させる為にもレーディアを2枚取らせて頂きました。

・リュキオース
一般的には3枚採用されていることが多いカードです。
2コストで打てる確定除去札としてとても優秀なので、3枚取るべきだと思います。
僕は過去にリュキオースを3枚入れたが為に負けたことがあります。
不安要素を少しでも減らす為に1枚削ってあります。

f:id:otonasi1:20190329004533j:plain

・皇獣王Z
アタックステップ中に3つの効果を発揮するカード。
コアを回収し返しのターンにフラッシュ用のコアを残す、トップシェアである機人に採用されているステファノスを出させない、など沢山の役割を持つカードなので3枚取らせて頂きました。

・サンダーZレオン
最近では取られていない構築も出てきましたが、実質コアブーストとバーンダメージや連続攻撃によるフィニッシュ性能など、かなり強いカードだと思っていたので3枚取らせて頂きました。

・ゼウス
メイン創界神なので3枚

アポローン
アポローンが見えている状態でBP6000以下のスピリットを残してくれる相手は想獣以外に居ないので、ゼウスの神託対象やリュキオースと合わせてのバーンダメージ等を顧みてもこの枚数でいいと思い、2枚取らせて頂きました。

・利家
一般的には3枚採用されている事が多いカードです。
神技は皇獣のみの回収となっているので、防御札やバーストを引き込む事が出来ません。
防御札やバーストが多い構築上、2枚に減らしても問題は無いと思い2枚に減らしています。

・駿太
単純な1枚ドローとしてとても活躍します。
神託対象に十冠が入っているのでシェパードールで神託可能です。
とても強く腐る場面はほぼないので3枚取らせて頂きました。

・馬神弾
武装の"ラインの黄金" や 緑の"遺跡草原"、呪鬼の "ロックハンド"、機人の"バチマンドゲール" など通常ネクサスの破壊。
そうでない相手にはリュキオースの超祈願で神域を達成させ、バーンダメージを狙います。
腐る対面が少ないので2枚取らせて頂きました。
化神では神託出来ないので、使う際は間違えて乗せないように気を付けて下さい。

・Zブレイヴ
現環境では先2Zレオンの通りが悪いので、ポセイドンに神託したりレーディアやヤシウムに合体させてZレオンの煌臨条件を満たしたりするのに使います。

・幻魔神
左右で6色の耐性を与える事が出来るカード。
ポセイドンを採用する事で青軽減、ブレイヴァーを採用する事で白軽減を満たすことが可能になりました。
Zレオンにブレイヴさせて攻撃するのが主な使い方です。


防御札についてーーーーー
・白晶
マデリーンを有する機人にはあまり有効な札ではなく、機人がトップシェアである環境で3枚取るのは危険と判断し2枚だけ取らせて頂きました。

・シェパードール
トップシェアである機人、増えてきている機獣など高コストが高打点で攻撃してくるデッキに対して有効な札なので2枚取らせて頂きました。
ヤシウム&レーディアループにシェパードールを絡める"厚い防御"構築をきちんと成立させる為にも採用枚数は2枚より減らせませんでした。

バーストについてーーーーー
・ヤマト&アーサー
ヤマト/アーサーである事自体にはあまり意味がありません。
バーストを"散らしている"と印象付けさせる為に1枚ずつ取らせて頂きました。
ですが、ヤマトはケプリに。アーサーはクセノフォンに。などと、局所的に光る場面はありました。

・ミブロックブレイヴァー
バースト発動時に相手のバーストを破棄できる意味の分からないカードです。
ヤマト/アーサーでバーストを"散らしている"と印象付ける事により、トラッシュにブレイヴァーが落ちてもギリギリ怪しまれずに済みます。
アテナの神技に合わせて相手のバーストを破棄、マデリーンをデッキの下に送り白晶を打ち、返しのターンでバーストのない相手に対してやりたい放題出来ます。

構築に関しては以上です。
想像以上に長くなってしまったので、対面内容は別の記事に纏めます。
そちらもよろしくお願いします。


ここまで読んで下さりありがとうございました。